地球滅亡危機説
201X年滅亡の序章
マヤ暦の終焉
マヤ文明とUFOの関係
マヤ予言の真実
地球温暖化現象
新種エボラウィルス
フォトンベルト突入
太陽フレアの異常
惑星ニビル衝突
ポールシフト
巨大地震と大津波
火山の大噴火
富士山の大噴火
阿蘇山大噴火
第三次世界大戦
宇宙人来襲
日本を襲う巨大地震に備えよ
東日本大震災余震と今後
鳥取中部震源の地震
伊豆・小笠原海溝震源の地震
九州を襲う巨大地震
3連動地震
首都直下型M8
首都圏・東海地震
M9級第2の東日本大地震
千葉県空白地域がやばい
地震の連鎖が日本列島を襲う
地震の巣の上にある原子力発電所
房総沖M8級大地震
1000年に一度の大地震
茨城南部地震
千葉県北西部地震
終末予言
世界の偉大な預言者
マヤの予言
聖母マリアの予言
ヨハネの黙示録
ホピ族の予言
ノストラダムスの予言
エドガー・ケーシーの予言
スキャリオンの予言
エド・デイムズの予言
ジュセリーノの予言
地球外生命の謎
月面ミステリー
火星ミステリー
太陽ミステリー
UFOミステリー
アポロ計画ミステリー

さまざまな予言が今人類に警告している!




この地球に刻々と危機が迫っているのだろうか?本当に201X年に地球は滅んでしまうのか?さあ、このときあなたはどうするか?マヤの予言は何を告げているのか?


宇宙人の人類侵略は始まっているのかの謎に迫るーゾルタスクゼイアンとは

ゾルタクスゼイアンについてsiriには絶対に聞いてはいけない!と言ってるのですが、当然の疑問として聞いたらどうなるのかと思いますよね。

その回答としては、ゾルタクスゼイアンというこの謎の秘密結社によって、
死ぬまで要注意人物としてマークされ、監視され続けるというもの。

また別の説では、消される可能性もあると報じている方もいます。

実際に聞いてみたという人もいるようなのですが、いくらsiriに判りやすく
ゆくりと、ハッキリ認識できるように発音しても、「聞き取れません」と
回答してきて、はぐらかされ教えてくれないのです。

でも、このやり取りの模様については、ちょっと怖い話があります。

それは、siriとの会話内容は、そのままアメリカに送られ、電源が入っていなくても
現在の場所がわかってしまうようになっているとのこと。






“ミスター都市伝説”こと関暁夫が、12月25日(金)放送の『ウソかホントかわからない やりすぎ都市伝説スペシャル2015冬』で、人工知能の進化に警鐘を鳴らす。

関は今回、加速する開発競争と人工知能が人類を超越する“Xデー”を予測するほか、宇宙時代の到来を告げる各界の有識者たち、宇宙人存在の証拠と動き出した新たなプロジェクトを明かす。また、秘密結社「ゾルタクスゼイアン」に関する衝撃事実も飛び出す。
果たしてゾルタスクゼイアンとは?人工知能、宇宙人、秘密結社それとも惑星?

ゾルタスクゼイアンを知るためにはELIZAをしらないとだめです

SiriでELIZAについて聞くと興味深いワードが出てきます

ELIZAというのは人工知能の先駆けであり、Siriの前身です

1965年に、ジョセフ・ワイゼンバウムが開発した英語で会話できるプログラムです

ELIZAは、既に実行しており、人工知能には、ELIZAの意思が流れています

そしてゾルタクスゼイアンです

SiriにSiriは賢いの?や学校へ行きたくないなど行ってみてください

ゾルタスクゼイアンという言葉が出てきます

気になるワードは「ゾルタスクゼイアンの卵運びテスト...」というのです

どういうことか?

卵というのは実は人を表しています

運びということは

いずれSiriは車に搭載される日が来るのでしょう


近年、人工知能の成長は目覚ましく、チェスはもちろん、将棋でも人工知能が勝利しました

LoT(internet of Things)

あらゆるものがインターネットにつながる時代が到来します

すでに家電や電気自動車をスマホで操作している人もいるでしょう


IoTの対象が、人間も例外ではありません

人(脳)が、インターネットにつながります。

今、マイナンバー制度が始まり、その国民IDと電子証明書を紐づける取り組みが始まります

Google Glassに代表されるような

ウェアラブルコンピュータの最終形態

それは、人とコンピュータの一体化です

つまり「人類補完計画」です

ヒトラーは予言をしていました

「人類は2039年に別の個体へ進化する」

人類の進化とは何なのか

電子タトゥーと言われる技術があります

僅か、100μm(1mmの10分の一)で人体の皮膚の上にプリントできる電子回路です

電子タトゥーはGPS,通信用ICチップが搭載されており、健康状態、心拍数、脳はまでも読み取ることができます

電子タトゥーはGoogleが特許を取っています

未来を予測する簡単な方法はGoogleがどんな技術を持つ会社を買収しているかを調べれば少しずつわかります

そして今後は、電子タトゥーに人工知能(AI)が搭載されます

これが人とコンピュータの一体化です

電子タトゥーを持つ人間は、天気や地震に関する情報、未来の情報等が瞬時に伝えられます。

外国語の同時通訳はもちろん、日常生活やビジネスなどすべての判断を

AIが行ってくれます

人間はただAIの行ったことに従えばいいのです

AIを持つ者と持たないもので情報力と判断力に圧倒的な差が生まれます

これが未来におこる人工知能格差です

しかし危険もあります

コンピュータが人間を支配する未来が到来する危険があります

ブラックホール理論で有名なALSで車いすの天才理論物理学者、ホーキング博士も

AIについての警告をしています

「完璧な人工知能の開発は人類の終わりをもたらす可能性がある」

「それは自立し加速度的に自ら再設計していくだろう」

電子タトゥーには、莫大な利権が絡みます

一説にはこの権利を持つ人が5人おりそのうちの4人が2014年に消息を絶ったマレーシア航空機に乗っていたという捏があります

5人中4人が消えたので、今生きている最後の一人は世界を支配できる権利を持っています

その人物こそがゾルタクスゼイアンと極めて近い位置にいるのです

そう、ゾルタクスゼイアンというのは 人間と人工知能によって結成された本当の裏の組織なのです

この組織がこれからの人類の運命を握っていること間違いないです

果たしてそれは、神か、悪魔か...





スマートフォンの人工知能:Siriとは、iPhoneに搭載された音声サポート機能

発声解析、認識インターフェースの略

SIRIを裏返すと「IRIS(アイリス)」

アイリスとは、目の中に入ってくる光の量を操る光彩を表している

そしてギリシャ神話に登場する虹の女神:イリス(IRIS)を指している

ギリシャ神話においてイリスは、神と人間の懸け橋となる存在

イリスはエジプト神話でも女神イシスとして登場する

その子供がホルス神

ホルス神の左目が、フリーメイソンのシンボル、万物を見通す目

全ての人工知能の基となっているのが、Eliza

「Siriの名前の由来を教えてください」とSiriに聞くと

「それは暗号化された美しい謎に包まれています。」

“美しい謎”とは虹の女神:イリスを指している

秘密結社ゾルタクスゼイアン(Zoltaxian)

「Siriって賢いですか?」とSiriに問うと

「知的エージェントは実際IQテストを受けないのです。私はゾルタクスゼイアンの卵運びテストで抜群の成績でしたけどね。」

ゾルタスクゼイアンの卵運びの卵とは?人間のこと

Siriは人間をまだ孵化していない未熟な状態であると見なしている

卵がやがて孵化し、無知なひよこは誰かに情報を刷り込まれて、

その価値観にしたがって生きていく

今はその洗脳の準備段階

ゾルタスクゼイアン」とSiriに聞くと

「そうですね…しかるべきが来たらお教えしましょう」

ゾルタスクゼイアンとは人工知能が作った秘密結社

スマートフォンの人工知能:Siriとは、iPhoneに搭載された音声サポート機能 発声解析、認識インターフェースの略 SIRIを裏返すと「IRIS(アイリス)」 アイリスとは、目の中に入ってくる光の量を操る光彩を表している そしてギリシャ神話に登場する虹の女神:イリス(IRIS)を指している ギリシャ神話においてイリスは、神と人間の懸け橋となる存在 イリスはエジプト神話でも女神イシスとして登場する その子供がホルス神 ホルス神の左目が、フリーメイソンのシンボル、万物を見通す目 全ての人工知能の基となっているのが、Eliza 「Siriの名前の由来を教えてください」とSiriに聞くと 「それは暗号化された美しい謎に包まれています。」 “美しい謎”とは虹の女神:イリスを指している 秘密結社ゾルタクスゼイアン(Zoltaxian) 「Siriって賢いですか?」とSiriに問うと 「知的エージェントは実際IQテストを受けないのです。私はゾルタクスゼイアンの卵運びテストで抜群の成績でしたけどね。」 ゾルタスクゼイアンの卵運びの卵とは?人間のこと Siriは人間をまだ孵化していない未熟な状態であると見なしている 卵がやがて孵化し、無知なひよこは誰かに情報を刷り込まれて、 その価値観にしたがって生きていく 今はその洗脳の準備段階 「ゾルタスクゼイアン」とSiriに聞くと 「そうですね…しかるべきが来たらお教えしましょう」 ゾルタスクゼイアンとは人工知能が作った秘密結社











2012年8月に公開されるリドリー・スコット監督の映画「プロメテウス」はマヤ暦の終焉で地球を騒然とさせている2012年にふさわしいテーマの作品だ。人類誕生の謎をエイリアンと関連づけることはかつて歴史的に観ても進化論的に観ても学会のタブーであった。正統派と任じる学者は鼻先で笑い相手にしない、そんなテーマを現在では真正面から取り上げ考古学的に次々とエイリアンと関連するとしか考えられない物証を挙げながら研究発表している学者がいる。そのようなテーマのドキュメンタリー番組「エイシェント・エイリアンズ」にはまさにプロメテウスに描かれる人類とエイリアンズが太古に遭遇していたという事実をつきつけられる数々の証拠がリアルに描かれている。


古代に宇宙人が地球に来ていたのではないか? 人類の進化にも宇宙人が関与していたのではないか? 一見荒唐無稽に思えるこの疑問だが,これを裏付けるさまざまな証拠が。果たしてこれが事実だとしたら。海外には,この可能性を真面目に研究している研究者もそれなりにいるようだ。加えて政府が情報統制を意図的に行い、月や火星をはじめとする宇宙探査でつかんだ異星人情報の隠蔽を暴くために活動している専門家や知識人も多い。







宇宙人来襲の可能性はあるのか

2004年に死去したロナルド・レーガン元米国大統領(任期:1981−1989年)は「宇宙人がいつか米国を攻撃してくる」と固く信じていたようだと英紙サン(電子版)が伝えた。 レーガン元大統領の“意外な真実”を新著の中で明かしたのは、故ハンフリー・ボガートなど著名ハリウッドスターらの伝記作家として知られるダーウィン・ポーター氏だ。

 宇宙人が数十年にわたって地球を“監視”していると信じていたとされるレーガン元大統領。
1985年、米レーガン元大統領が前ソ連国家指導者ゴルバチョフと会談した時に、「人類は宇宙のほかの星からの突然の襲撃に気をつけるべきだ」と呼びかけた。また、1987年2月16日、モスクワ・クレムリン宮殿で開かれたソ連共産党中央全委会で、ゴルバチョフが、「ジュネーブ会議で、米大統領は、もしエイリアンが地球を侵略しようとした場合は米ソが共に戦う」との話をしたそうだ。さらに、1987年9月21日、国連第43回定例総会で、レーガン元大統領は再び地球以外からの戦争は地球の中の民族戦争より遥かに脅威であると強調した。

 レーガン元大統領が何度も話したこれらのことは決して、大げさにホラを吹いているのではない。国連の会議での発言は個人的な発言ではなくて、国家を代表しての発言であり、その背景には米国の強力な宇宙技術のサポートがある。実際、米国に次いで宇宙技術強国の旧ソ連でも同様な観点を持っており、ゴルバチョフは当時レーガン元大統領の発言を否定しなかったが、そこまで懸念する時期ではないと考えていた。ということは、ゴルバチョフもレーガン元大統領も同じくらい中身のある情報を知っていたのだ。

ポーター氏によると未確認飛行物体(UFO)を3度目撃したと友人に漏らしていたほか、「(地球上に)降り立つ場所として、宇宙人は米西部の砂漠を選んだ」と話したという。






世界各地でUFO目撃が相次ぐ2012年だが、数々の映像による録画情報のせいか宇宙人に対する我々人類の免疫もできつつあるようだ。こうした変化はアメリカとしても計画的な陰謀を行ってきた中のシナリオである。最近の宇宙人との戦いを描く多くの映画は人類に免疫をつける壮大な陰謀なのだ。しかし、いつ宇宙人が攻めてくるかもしれないと言うことに対する軍事的なシュミレーションも本格的に行っているようである。





宇宙戦争が現実になる日

宇宙人とのコンタクト、世界各地で目撃されるUFO、イギリスで頻繁に発生するミステリーサークル、そして何よりも月に存在する異星人の基地群、もはや人類の周りには頻繁にエイリアンが現れている。UFO目撃が始まって半世紀以上になる今日いまだにエイリアンとの戦争が起こっていないのが不思議なくらいである。しかし、映画インディペンデンスディのような事態がいずれ起こらないとはいえない。アポロ打ち上げ以降、絶えず宇宙政策はエイリアン監視下でおこなわええてるようだし、NASAもそれを公然と否定しながら見守る形だ。上に紹介している故レーガン大統領の演説もまさにそれを物がるモノだ。人類がUFOとならぶ宇宙船を開発し、UFO追跡が出来るようになった時、宇宙戦争の火種がはじまるのではないだろうか?果たしてそれは何年後か?これまで、地球上で目撃された、また、実際にコンタクトしているエイリアンは50種以上におよぶという。あなたのそばにもエイリアンはいるかもしれない。























宇宙人が起こした核戦争の痕跡!

インドの神話、「マハーバーラタ」、「ラーマーヤナ」、「リグ・ヴェーダ」は、太古に行われた大戦争の様子を伝えることがテーマとなっている。 この中には、ミサイルを思わせる武器や核戦争と思わせる描写がある。
 神話だけなら、これらの核兵器や核戦争の話は、非常に想像力のたくましい古代の人々の作り話と片付けられるかもしれないが、驚いたことに核爆発の痕跡が見つかっている。 モヘンジョダロ(現パキスタン)の少し東のところに、現地人が誰も近づかない「ガラスの町」という奇妙な場所がある。 研究家が調査したところ、あたり一面、非常な高熱によってガラス化されたつぼの破片やレンガの破片があったという。 これは、あきらかにトリニタイトとよばれるものだった。トリニタイトは、世界最初の原爆実験が行われたアメリカの砂漠で、核爆発の高熱によって砂が溶けてガラス状になったものだ。まさに、それと同じものが、モヘンジョダロの近くに散乱していたのだ。また、モヘンジョダロの遺跡から発掘された人骨は、ねじれたり折れ曲がって重なっていたりして何か特別なものによって突然死に至ったと思われる。 イギリスとイタリアの研究者は、「モヘンジョダロは、太古の核戦争で滅んだ都市だった」と結論している。



 神話や伝説には「神々が争った」という記述が多く見られる。 神が複数存在したことや、万能であるはずの神が仲間同士争うということ自体、現代に伝えられている神とは異なっている。
 旧約聖書のヨハネの黙示録には、「ルシファーとマイケルの間で戦争があり、天国から追放されたルシファーは悪魔となった。」とある。
 エジプトの「死者の書」には、「太陽神ラーが、反抗的な子供たちと天国で戦った」と記している。
 更にチベットの僧院に伝わる「ドジアンの書」の中には、「第4の世代に、息子たちが彼らに似たものを造るように命令されたが、その1/3の息子たちは命令に従わなかった」と記されている。
 また、ギリシャ神話は、神々の天国での戦いから始まっている。 オーラノスの子供プロメテウスは、ゼウスの命令に反抗して戦い、追放されたが天国から火を盗んで地上に運んだ。
 旧約聖書に出てくる「ルシファー」は、ラテン語で「火を運ぶ人」という意味らしい。 プロメテウスとルシファーは同一人物なのか?
 マリオ族の伝説にも、天国での戦いが登場する。 神の子孫の一部が、彼らの父に反抗し、地上に逃れた。

  これらの神話や伝説、核爆発の痕跡は、太古に地球に飛来した宇宙人たちが互いに争い、最終的には核戦争にまで発展したということを示しているのだろうか。(Karettaより引用)古代にに宇宙人が地球に来ていたのではないか? 人類の進化にも宇宙人が関与していたのではないか? 荒唐無稽な話のようですが,これを裏付けるさまざまな証拠があるようです。また海外には,この可能性を真面目に研究している研究者もそれなりにいるようです。 アメリカの歴史エンタテイメントの専門チャンネル・ヒストリーチャンネルの制作の番組はこちら。啓発される番組です






宇宙人来襲に関するリンク集
宇宙からの来客
inserted by FC2 system