201X年滅亡の序章
マヤ暦の終焉
マヤ文明とUFOの関係
マヤ予言の真実
地球温暖化現象
新種エボラウィルス
フォトンベルト突入
太陽フレアの異常
惑星衝突
ポールシフト
巨大地震と大津波
火山の大噴火
富士山の大噴火
第三次世界大戦
宇宙人来襲
日本を襲う巨大地震に備えよ
伊豆・小笠原海溝震源の地震
3連動地震
首都直下型M8
首都圏・東海地震
M9級第2の東日本大地震
千葉県空白地域がやばい
地震の連鎖が日本列島を襲う
地震の巣の上にある原子力発電所
房総沖M8級大地震
1000年に一度の大地震
茨城南部地震
千葉県北西部地震
終末予言
世界の偉大な預言者
マヤの予言
聖母マリアの予言
ヨハネの黙示録
ホピ族の予言
ノストラダムスの予言
エドガー・ケーシーの予言
スキャリオンの予言
エド・デイムズの予言
ジュセリーノの予言
地球外生命の謎
月面ミステリー
火星ミステリー
太陽ミステリー
UFOミステリー
アポロ計画ミステリー

さまざまな予言が今人類に警告している!




この地球に刻々と危機が迫っているのだろうか?本当に201X年に地球は滅んでしまうのか?さあ、このときあなたはどうするか?マヤの予言は何を告げているのか?


奇跡の予言者ジュセリーノとは

■ジュセリーノ・ノーブレガ・ダ・ルース Jucelino Nobrega da Luz (50歳)

■現代のノストラダムスの異名を持つ現役世界最強の予言者。
ジュセリーノは、1960年ブラジルのバラナ州マリンガ市生まれ。1969年から予知夢を見るようになり、その内容を何万通もの手紙で政府機関などに警告し続けている。アメリカの9.11テロやサダム・フセインの所在情報、スマトラ沖地震、東京地下鉄サリン事件、ダイアナ妃事故死、阪神・淡路大地震、最近ではマイケル・ジャクソンの死など、数多くの予言を的中させ、今世界で最も注目されている預言者である。しかし、はずれたものも多く、批判的な論調で責めるメディアが多いのも事実である。

ジュセリーノに批判的なメディア報道は、こちらからチェック!

日本では、数年前に一時大きくマスコミで取り上げられブームを引き起こした経緯もあり、預言者として一目置かれていることは確かだ。そのジュセリーノは地球滅亡について予言しているのだろうか?




/center>

ジュセリーノの巨大地震に関する予言

ジュセリーノの予言には世界各地の大地震に関する予言が多い。はずれることもあるが、阪神・淡路大地震は見事的中した。


また、東日本大震災の余震が6月25日(土)か26日(日)にあると予言している。震源は東京から10キロ圏内で、マグニチュードは6.1だ。しかし、この予言は的中せず、またしても彼の評判を落とす結果となった。
この予言をしている彼のホームページはこちら
彼の数々の予言の中から関連するものを挙げてみた。

■今年以降の大地震の予言
 2010年9月 15日、東京・横浜でマグニチュード8.5の大地震、犠牲者7万人
2011年6月 25日または26日、 東京でマグニチュード6.1の余震
 2013年11月 カナリア諸島のラ・パルマ島で火山の噴火による地震。150メートルの巨大津波が発生し、大西洋沿岸諸国を襲う
 2015年 イタリア・ナポリで大地震
 2016年 中国・唐山市でマグニチュード9.6の大地震 
 2017年10月 25日、インド・コルカタでマグニチュード9.8の大地震、犠牲者40万人以上
 2018年6月 日本の東海地方でスマトラ島沖地震を上回るマギニチュード10.6の巨大地震
 2018年 イタリア・シチリアとカラブリアでマグニチュード9.2の大地震、津波が発生し、被災者20万人以上
 2020年5月 5日、ペルー・ユンガイでマグニチュード8.9の大地震、犠牲者5万5000人以上
 2021年10月 メキシコで巨大地震、犠牲者2万人以上
 2023年2月 9日、サンフランシスコでマグニチュード8.9の大地震、犠牲者数千人
 2024年3月 16日、サンフランシスコでマグニチュード9.3の大地震
 2026年7月 17日、サンフランシスコでマグニチュード10.8の超巨大地震。サンアンドレアス断層が引き裂かれ、カリフォルニア州が崩壊。高さ150メートルの津波が発生し、多くの火口がが開く。この地震は「ザ・ビッグワン」と呼ばれるようになる。


M9級第2の東日本大震災が起きる!
房総沖でM8級大地震予知の可能性
1000年一度の巨大地震が日本を襲う
地震の巣の上にある原子力発電の恐怖
千葉県の地震空白地域で巨大地震が再び起こる!千葉県東方沖が危ない
富士山大噴火の懸念
首都東京を巨大地震が襲う
東日本巨大地震 地震連鎖が日本列島を襲う


ジュセリーノの新型インフルエンザに関する予言

2011年、新型インフルエンザウィルスが世界的大流行(パンデミック)を起こし、7300万人が死亡する。「H5N1」型のウイルスは驚くべき速さで突然変異を繰り返し、鳥からブタ、ブタから人に感染。この時点で作られたワクチンでさえ、すでに大きな効果は期待できなかった。

■今年以降の新型インフルエンザの予言
 2010年  全米で鳥インフルエンザの流行が拡大する
 2011年  致命的な新しいウイルスが出現する。人間は免疫がなく、肺に感染後、4時間で死亡する。このウイルスはエルスと名づけられる
 2012年  疫病が蔓延し、人類滅亡がはじまる
 2013年9月  23日、ドイツで腺ペストが流行
 2013年  感染症で7300万人が死亡。日本もこの影響を受ける




ジュセリーノの地球温暖化に関する予言

記録的な猛暑や熱波、台風やハリケーン、集中豪雨と干ばつ、乾燥による大規模な山火事、寒波・・・。世界各地で起こる異常気象と自然災害のニュース。その原因は地球温暖化と言われている。

■今年以降の地球温暖化の予言
 2010年  アフリカで気温が58度まで上昇し、深刻な水不足が発生する
 2012年  アマゾンの森林が焼き払われ、砂漠化がはじまる
 2012年12月  6日、「黒い雲の時代」と呼ばれる気象的な混沌の時代がはじまる
 2014年  アフリカの水不足が原因となって、ブラジルに難民が押し寄せる
 2015年  ヨーロッパで過去最大の干ばつがはじまる
 2015年11月  地球の平均温度が59度に達し、多数の死者が出る
 2015年  この5年の間に、アマゾンの森林が消滅する
 2016年  中国で台風のために大都市が被害を受け、1000人が死亡する
 2017年  アフリカで気温60度を記録し、干ばつで世界中の国家対立が激化する。ヨーロッパとフィリピンで大雨のために洪水が発生し、多数の死者と難民が出る
 2023年まで  世界の3分の1人が水不足に苦しめられる恐れがある
 2024年  バングラディシュでサイクロンのために数千人が死亡する
 2025年  フランスのセーヌ川の水位が上昇し、パリは水浸しになる
 2027年  ブラジルで海岸線の侵食による難民に関して環境会議が開かれる
 2028年  海面上昇と砂丘の侵食で、世界各地の海岸線に人が住めなくなる。イタリアのベネチアが水没する
2029年   海面上昇のために、世界中の島国や半島の国の存続が危ぶまれる。日本も例外ではない
 2037年  凄まじい気象現象のために、都市のインフラ機能が崩壊し、最大の混乱が起きる



出口王仁三郎の予言との一致

ジュセリーノの予言と、出口王仁三郎の予言に相似性があると気づいた出口王仁三郎研究家の歯科医(医療法人社団太作会理事長)大作武彦(現在:「ジュセリーノ友の会」会長がブラジルに行き、ジュセリーノに訪日を勧めたことがきっかけで2007年12月の初来日となったという。

ジュセリーノに関連するリンク集

上記の予言年表はソフトバンククリエィティブ株式会社発行の「ジュセリーノの予言」から引用

inserted by FC2 system