地球滅亡危機説
2012年滅亡の序章
マヤ暦の終焉
マヤ文明とUFOの関係
マヤ予言の真実
地球温暖化現象
新種ウィルス
フォトンベルト突入
太陽フレアの異常
惑星衝突
ポールシフト
巨大地震と大津波
火山の大噴火
第三次世界大戦
宇宙人来襲
終末予言
世界の偉大な預言者
マヤの予言
聖母マリアの予言
ヨハネの黙示録
ホピ族の予言
ノストラダムスの予言
エドガー・ケーシーの予言
スキャリオンの予言
エド・デイムズの予言
ジュセリーノの予言
地球外生命の謎
月面ミステリー
火星ミステリー
太陽ミステリー
UFOミステリー
アポロ計画ミステリー

さまざまな予言が今人類に警告している!




この地球に刻々と危機が迫っているのだろうか?本当に201X年に地球は滅んでしまうのか?さあ、このときあなたはどうするか?マヤの予言は何を告げているのか?


火星に存在する文明の痕跡!

ヨーロッパ宇宙機構(ESA)の公式サイトに掲載されている数々の火星の接近写真画像の中に都市の遺跡跡と見れる画像がある。火星にはエイリアンが存在するのではというのはUFO研究家では常識になっているが、これほど鮮明に画像を見せられるともはやそれが単なるたわごととして無視することはできない。
火星人面岩をはじめ、これまで不可思議な人為的構造物とされる写真が公表されてきている。火星が死の星であるという定説はもう成り立たない状況だ。水の存在はもちろん、川や海が存在したということもわかっている。いまやかつて火星に文明が存在したことは疑う余地はない。






火星に存在する人工物と
意図的に隠蔽されてきた火星探査の内容を
ホーグランド氏が明快に検証する長時間セミナーの模様




火星に存在する謎の人口構造物群
モノリスはじめ、巨大タワー、地下への入口、そして
火星の衛生「フォボス」人工天体論
火星に異星人が存在したことは疑う余地のない事実だ









リドリー・スコット監督が、新作SF映画『ザ・マーシャン(原題) / The Martian』の脚本の表紙を、ロケットに乗せて宇宙に送っていたことがわかった。Empireなどが報じた。

  本作は、作家アンディ・ウィアーによる同名小説(日本語タイトルは「火星の人」)の映画化作品。クルーと共に火星に着陸した宇宙飛行士マークが事故に遭 い、火星に置き去りにされてしまうというストーリーである。主演はマット・デイモン。その他のキャストには、ショーン・ビーン、ジェシカ・チャステイン、 クリステン・ウィグ、ジェフ・ダニエルズ、キウェテル・イジョフォーなどが決まっている。

 監督がスケッチした主人公の絵が描かれた脚本の 表紙は、12月5日に発射されたNASAのOrion宇宙船に乗せられていたとのこと。この宇宙船は将来的に火星に人を運ぶことを目指しており、今回はそ のテストフライトだったという。「この映画は、サイエンスとスペーストラベルに情熱を持つ人々を描いた映画です。脚本が宇宙に飛び立ったのは、わたしたち にとって素晴らしい瞬間でした」と本作のプロデューサー、アディチャ・スードはコメントしている。

 『ザ・マーシャン(原題)』は、2015年11月に全米公開予定。(宮本裕人)




驚きの火星の表面が判明しました。アメリカの男性が、NASAが公開している数多くの火星の写真が赤色のベールで修正されていることに気が付き、フォト ショップで赤色を取り除いてみたのです。以下のビデオではその作業を開始してから、全てが判明するまでを見せてくれています。ビデオの13:30分頃をご 覧ください。赤色のベールが無くなったことで、火星の表面の凹凸がはっきりしてきます。そして火星の表面に何がいるのかが分かります。

男性が画像と共に説明してくれていますが、猛禽や猛獣がうじゃうじゃいる感じです。また、爬虫類(ワニや蛇)もにょきにょき動いているかのように見えま す。ひょっとしたら化石かもしれませんが、でも、目がはっきりと写っていますので、化石ではないでしょう!!これが真実なら、火星には水もあり恐ろしい獣 達が生きているということになります。なんとも恐ろしく気持ち悪い惑星でしょう!!きっと人間も住んでいるかもしれません。町のような場所も見えていま す、実際は何か分かりませんが。。。ぜひ、以下のビデオの半分あたりから注目してください。
http://beforeitsnews.com/space/2013/01/mars-unmasking-the-cover-up-2453250.html


人類火星移住計画

人類が宇宙計画をはじめたのはまだ半世紀あまり前のことだ。その当時はサイエンスフィクションの世界の話だった。しかし、人類は考えることができることは実現できるの言葉どおり月面に立ち、立派に宇宙計画を推進してきた。では、なぜ月面着陸以降、再び月に以降としないのか?なぜ、火星有人飛行を目指さないのか?隠されている秘密があるからだ。








火星に存在する文明の痕跡!

人類が宇宙計画をはじめたのはまだ半世紀あまり前のことだ。その当時はサイエンスフィクションの世界の話だった。しかし、人類は考えることができることは実現できるの言葉どおり月面に立ち、立派に宇宙計画を推進してきた。では、なぜ月面着陸以降、再び月に以降としないのか?なぜ、火星有人飛行を目指さないのか?隠されている秘密があるからだ。

火星人面岩をはじめ、これまで不可思議な人為的構造物とされる写真が公表されてきている。火星が死の星であるという定説はもう成り立たない状況だ。水の存在はもちろん、川や海が存在したということもわかっている。いまやかつて火星に文明が存在したことは疑う余地はない。







火星探査に関するリンク集
European Space Agency
人類火星移住計画
ヘールクレーター 文明存在の証拠
inserted by FC2 system